MEO

MEOとは?(Map Engine Optimization)

MEOのとは

ココがポイント

MEOとはMap Engine Optimizationの略称でエムイーオーと読み、主にGoogleマップに対する地図エンジン最適化(マップ検索エンジン最適化)の事を表します。

同意語として海外ではローカルSEO(Local SEO)という言葉が使われています。

メモ

何故”主にGoogleマップに対する”なのか

世の中には様々な地図サービスがあります。

しかし単純にGoogleマップの利用者数が他のマップ検索エンジンよりも圧倒的に多く、あまりにも圧倒的なので現状では他のマップ検索エンジンの対策を行う必要性があまり見うけられません。

さらに詳しく

Googleマップには店舗や施設などの情報がGoogleマイビジネスとして地図上に配置され、各種詳細情報や位置情報、写真などのコンテンツとともに登録されています。

この店舗情報にあたるGoogleマイビジネスのコンテンツを最適化することで、マイビジネスの存在するエリア周辺でマイビジネスの業種やサービスに関するお店の情報を検索しているユーザーの検索結果に対象候補として表示させることでニーズを持つユーザーとのマッチングを行い来店促進を行います。

Googleはローカル地域での検索結果を求めるユーザーに対し、Googleマップ上にGoogleマイビジネスとして店舗や施設を紹介するプラットフォームビジネスを提供する事で、新たなローカル検索での広告収入の獲得を目指しています。

MEOはローカルエリアでのマッチングを行うサービスですが、ユーザーのニーズにマッチさせるために主に「近くで」「探している業種やサービスに関連性の高い」「知名度」の3つの基準をもとに検索結果一覧に表示順を選択しています。

この3つの基準をGoogleマイビジネス内の情報だけで正確に判断することは難しいためGoogleは、Googleマイビジネスに関連づけされている公式ホームページ掲載情報とホームページ自体の評価も判断基準としています。

このためMEOで成果を出すためにはSEO対策も並行して必用な対策になります。

知名度に関しては公式ホームページだけでなく、ブログや関連業種の紹介サイト、SNSなどでもどれだけそのお店や提供するサービス・商品が話題になっているかも評価基準となりますので、積極的に話題作りに取り組む事も必用とされています。

MEOの目的

「説明図」

ココがポイント

MEOの目的はネット検索の仕組みを利用して、あなたのお店と検索者をマッチングし、検索者をあなたのお店の顧客にする仕組みを作ることです。

あなたのお店では質の高いサービスや製品を提供できているかも知れません。

でも
「もっと多くの人に知ってもらい来店してもらえるればきっとフアンが増えるはずなのに・・・」
なんて思っていませんか?

そんな思いを実現させてくれるのがMEO対策です。

ココに注意

MEOはあなたのお店の売上に繋がるユーザーを集客してくれますが、何もしなければ貴重な集客機会を逃します。

あなたがMEOを行うべき対象者であればすぐに行動を起こすべきです。

何故なら同じ様な悩みを持ったライバルはどんどんMEO対策をはじめようとしているからです。

集客につながらなければMEOの意味がありません

MEOは目的を明確にしたうえで行う事が重要です。

MEOを行ったけ「どどうも集客に繋がっていない」という話を聞くことがあります。

それはMEO対策を誤ってとらえて検索キーワードで上位に表示することがMEO対策だと勘違いしている人に多い傾向です。

MEO対策は売上に繋がる集客を増やすことが目的ですので表示機会を増やすだけでは目的は果たせません。

表示機会を増やすことも重要ですが何より重要なのは選んでもらう事が重要なのです。

質の高い集客を継続的に増やすための4大要素

ココがポイント

  1. Googleマイビジネスを最適化する事で強化し、Googleに評価されること
  2. 検索結果で選んでもらうこと
  3. マイビジネスを見てもらえた方には「行ってみたい」と興味を持っていただくこと
  4. 来店して頂いたお客様には質の高いサービスを提供する事でリピートや広がりに繋げること

上記のようにMEO対策においてGoogleマイビジネスの活用がとても重要な要素になります。

Googleマイビジネスの活用方法についてはGoogleマイビジネスを活用しないと損する理由をご覧ください。

Googleマイビジネスを活用しないと損する理由

今、このページを読まれているあなたはどのようなお立場の方でしょうか? もし、あなたが「新しいお客様を見つけたい!」と考え ...

続きを見る

ココに注意

MEO対策での順位評価だけにとらわれても集客は増えず、やり方次第では大きなペナルティを受けてしまいます。

MEOを行うべき対象者

商を大きく分類すると3つに分類できます

  1. 店舗にて提供する
  2. 訪問して提供する
  3. 通販などで配達で提供する

このうち、通販を除く店舗提供と訪問提供の商いを行っている方がMEOを行うべき対象者にあたります。

MEOの効果

MEOの集客効果が高い背景

MEOは、あなたのお店の商品やサービスに関心がありそうな、あなたの商圏エリア内にいるユーザーと、あなたのお店をネット検索結果で結びつけてくれるとても効果的な対策です。
MEOの効果を知るうえで、MEOが集客において重要になった背景を知っておく必用が有ります。

スマートフォン利用がPC利用を上回る

ここ数年スマートフォンの普及は著しく、企業Webサイトアクセスの50%以上がiPhoneやAndroid携帯、iPad等のモバイル端末からのアクセスになっています。

プライベート利用での店舗検索は、60%以上がモバイル端末からのアクセスになっています。

行きたい店舗を探す際に外出先からスマートフォンで検索し、検索結果の地図をもとにナビ機能を使って店舗訪問する利用者は増加する一方です。

スマートフォン普及とともに検索への位置情報付加が開始

スマートフォンが普及する事によりスマートフォンを利用するユーザーはもちろん、PCを利用するユーザーをも含めて検索ワードに位置情報を付加した検索ロジックにGoogleが方向転換しました。

位置情報検索の種類

ローカル検索では主に2とおりの位置情報検索の仕組みが利用されています。

メモ

  • スマートフォンのGPS機能orIPアドレス+業種キーワードでの検索
  • 地域名+業種の複合キーワードで検索

スマートフォンのGPS機能もしくはIPアドレス+業種キーワードでの検索

スマートフォンを利用するときは、設定でGPS機能停止を行っていなければ、「本屋」などの業種キーワードのみで検索した場合に、スマートフォンのGPSによる現在の位置情報を中心に本屋を検索した検索結果が表示されます。

自宅や会社のパソコンで検索した場合はGPS機能ではなく、利用プロバイダの回線などに定められたIPアドレスの情報等をもとに、だいたいの位置情報を推測し、そこを中心とした検索結果が表示されます。

地域名+業種の複合キーワードで検索

すでに皆様も利用してお気づきのように、現在行きたい場所ではなく、これからや今後行きたい場所での検索を行う時には、「地域名+検索ワード」にて検索されてはないでしょうか?

この場合は現在の位置情報を中心に検索結果を表示するのではなく、入力された地域名を中心とした検索結果を表示します。

位置情報を考慮した検索結果が優先

ブラウザ検索結果の上部には2014年7月のピジョンアップデート以降ローカルパックが表示されます

ローカルパックは通常の検索結果上部のもっともクリックされやすい位置に表示されますので、ここに表示されることは集客上で重大な要素になります。

ローカルパックとは

ローカルパックは通常の検索結果上部のもっともクリックされやすい位置に表示されますので、ここに表示されることは集客上で重大 ...

続きを見る

ローカル検索時代の到来

ユーザーは目的意識がはっきりしていますから、「ある一定のエリア」で「希望条件にマッチする対象のうち一番行ってみたい店」を探しているのです。

このある一定のエリアをかみして検索する検索機能のことをローカル検索といいます。

MEOはローカル検索を行う即効性の高いユーザーにお店を見つけてもらえる事が出来る対策ですので、とても集客効果の高い施策として注目されているのです。

ローカル検索の高い利用率

ユーザーがまだ行ったことのない場所についての情報を集める際の検索方法には、主にローカル検索が利用されており、近年では地図検索がとくに急激に伸びています。

ココがポイント


Googleの調査結果では、実際5人に4人の消費者が、検索エンジンを使って近くの製品・サービス、または体験(アクティビティ)を見つけています。

コンピューターやタブレットを使用するユーザーの84%が検索エンジンを使用します。
さらにスマートフォンでは88%が検索エンジンを使用します。

参考 参考情報のリンク

ローカル検索は熱い見込客を集客

皆さんも心当たりがあるように、ローカル検索を行うユーザーはお店に訪れる可能性の高い、とても熱い見込み客なのです。

こんなに熱い見込み客にお店をアピールしない手はありません。

ココがポイント

Googleの調査結果では、ローカル検索からお店を探している人の41%が検索を行ってから24時間以内に店舗を訪問しています

ローカル検索の検索者は、その日のうちにお店に訪れる熱い見込客なのです。

Googleの調査結果では

  • モバイルユーザの50%
  • PCユーザーの34%

のローカル検索を利用した消費者が、検索後、その日のうちに店舗に来店する傾向があります。

参考 参考情報のリンク

お店を探す44%のユーザーがGoogleマップを使用

ココがポイント

ユーザー視点で作られたGoogleマップは、使う人、探すジャンルを選ばずもっとも利用されています。

ココに注意

ホームページを一生懸命作っても、Googleマップ上で検索結果対象として表示されるのはGoogleマイビジネスだけです。

Googleマイビジネスの情報を充実させないと、ホームページは見てもらえず、お店を探す44%の見込客を逃してしまう事になるのです。

行きたい場所を探すとき、44%の消費者がお店を探す初期の段階からGoogleマップを利用しています

参考参考情報のリンク

MEO対策支援

-MEO

Copyright© MEO対策サポート , 2020 All Rights Reserved.