Googleストリートビュー(インドアビュー)室内撮影

Googleストリートビュー(インドアビュー)撮影で室内(店内)アピール

お店/オフィス/施設

Google ストリートビュー(インドアビュー)とは?

ストリートビュー(インドアビュー)撮影とはWeb上で建物内・室内や店内を360°パノラマで見渡すことができる撮影サービスで、実際に店舗を訪れたかの様に、お店の中を自由に見て回る事ができます。
撮影ポイントを連続して移動することにより、あたかもその場にいて室内を歩いているかのような臨場感を体験できます。
ストリートビュー(インドアビュー)では店内の雰囲気や品揃え、レイアウトを知ることができ、「このお店、どんな雰囲気かな?」「2次会の場所を探しているけど、個室はあるのかな?」という検索ユーザーの疑問もその場で解消。
またGoogleの各種サービスとの連動で情報発信やお客様とのコミュニケーションをはかる事で集客力UPに繋がり、来店やご予約の決め手になります。 ストリートビューは、正式名称をGoogleマップインドアビューという名称でサービス展開されていましたが、2015年9月から Google マップ インドアビューの名称が変更になり、現在は Google ストリートビューの名称に統合されています。
そのため道路等の野外を撮影する Google ストリートビューと同名の為、違いがわかりにくい事もあり、今でもインドアビューで検索する方も少なくないためGoogleストリートービューと並記でインドアビューを記載させて頂いております。

Google ストリートビュー(インドアビュー)掲載効果

Googleストリートビュー追加で関心が倍増

リスティングにバーチャルツアーを追加すると、リスティングのみの場合と比べて予約の数が約2倍に増加します。中でも特徴的なのが18~34歳のユーザーで、ツアーを見た後に予約する可能性が130%高くなります。
リスティングにバーチャルツアーを加えると、リスティングのみと比べて予約数が2倍に増加!さらに、バーチャルツアー閲覧後の予約率が18-34歳のユーザーでは130%になります。

3人に2人はGoogleストリートビュー追加を希望

調査対象の67%がビジネス リスティングへのGoogleストリートビューの追加を希望しています。残りの回答者のうち、特に関心はないと答えたのは26%、Googleストリートビューの追加は不要と答えたのは7%でした。
これは3人に2人はGoogleストリートビューの追加を希望しているということになります。

ローカル検索のトップはGoogle

オンラインでレストランやホテルを検索するユーザーの62%がGoogleを使用しています。
レストランやホテルを検索するユーザーの62%がGoogleユーザー

この定量的市場調査は、地域のお店やサービスに対する消費者の関心度に対してバーチャル ツアーがどの程度影響するかを把握するために、独立系の市場調査会社によって 2015年7月に実施されたものです。本調査では、ホテルとレストランの予約に焦点を当てています。

さまざまな業種の集客をサポート

飲食店・美容室なら初めてのお店は誰でも不安です。 Googleストリートビュー(インドアビュー)なら訪問する前にお店の雰囲気をまるで実際にそこにいかのように感じていただくことができます。スチール写真では感じていただきにくいお店の広さや自慢の調度品などもしっかりお伝えすることが出来ます。
ショップ・ショールームなら雑貨やアパレル、食品などのショップでは、商品の魅力をいかに伝えるかが大切です。 Googleストリートビューの画像はズームできるので、陳列の商品だけでなくこだわりのインテリアまでも感じていただけるかもしれません。
スタジオ・ホール・貸し会議室ならスタジオ、ホールなど空間の大きさを感じていただくには、Google ストリートビューはまさに最適な手段といえます。バックヤードや設備・備品も撮影箇所に加えていただければ、利用検討者は最高の判断材料を手にすることができるでしょう。
弊社は旅館・ホテルの集客サイトおもてなし.comを運営しております。旅館・ホテルの集客に関しての多くのノウハウを持つ数少ないGoogleストリートビュー認定パートナーです。 撮影経験豊富なGoogleストリートビュー撮影認定カメラマンにどうぞお任せください。
クリニック・病院・介護施設なら清潔な院内や落ち着いた待合室、またくつろげる個室などアピールできるポイントを、まさに歩いているかのように体感できるgoogle ストリートビューは、来院を促すツールとなるでしょう。

Google ストリートビュー活用事例動画

ストリートビュー撮影プランについて

ストリートビューの撮影は撮影場所で何ポイント(撮影箇所数)撮影するかによって料金プランが変わります。
詳しくは料金プランをご確認ください。
🔗ストリートビュー料金プラン