Googleマイビジネスとは|活用しないと損する理由

ここに注意

Googleマイビジネスとは、今このページを読まれているあなたが「新しいお客様を見つけたい!」と考えている経営者や、集客・売上の向上を任されている部署の方であれば、私どもは自信を持って「Googleマイビジネスを活用しないのは損です。」と断言します。
それは、「Googleマイビジネスが新しいお客様を連れてくる」からです。
Googleマイビジネスはビジネスオーナーにとって、新規集客を獲得するための必須アイテムです。
マイビジネスの重要性に気付いたビジネスオーナーは既に対策を始め大きな成果を出しています。
どうか手遅れになる前に、一日でも早く対策を始められることをお勧めします。

こんな方におすすめ

店舗の経営者

店舗運営の責任者

大企業の本部で全国店舗のIT管理部門

店舗の求人担当者

ホームページの運用管理者

Googleマイビジネスとは?

GoogleマイビジネスとはGoogleの提供するサービスのひとつで、Googleマップ上に掲載される店舗や施設の情報スペースです。
Googleマイビジネスというサービス名称ですが、海外のWebサイトではGMBと略されることが多いです。

Googleマイビジネスが表示される場所

GoogleマイビジネスはGoogleマップ上に公開されますが、Googleマップの情報はGoogle検索でも表示されるため、Google検索結果にもGoogleマイビジネスは表示されます。

直接検索と間接検索/ナレッジパネルとローカルパック

検索方法によってGoogleマイビジネスの表示される場所が変わります。

検索方法は大きく分けて2つあります。

  1. 直接検索
  2. 間接検索

「直接検索」は店舗名や施設名をすでに知っているユーザーが店舗名や施設名をそのまま入力して検索することをいいます。

「間接検索」は店舗名や施設名自体は知らないユーザーが検索をする際に関連する業種などのカテゴリーや「〇〇したい」などのキーワードを入力して検索することをいいます。

ここがポイント

直接検索や間接検索のキーワードに地域名や位置情報を含めて検索することを「ローカル検索」といいます。

Googleマイビジネスはこのローカル検索を行うユーザーへのアピールにとくに有効なサービスです。

例)弊社株式会社おもてなしドットコムをそれぞれの方法で検索した場合

Googleマップで直接検索 検索ワード:「株式会社おもてなしドットコム」

直接検索

このようにGoogleマップ上に1つのピンがたち、左フレームにビジネスの詳しい情報が表示されます。

GoogleChromで直接検索 検索ワード:「株式会社おもてなしドットコム」

ナレッジパネル

左側のスペースには通常のWebサイト検索結果が表示され、右側にはビジネスの詳細が表示されます。
この右側の表示スペースの事をナレッジパネルと呼びます。
Googleマイビジネス以外にもWikipediaの情報などが掲載されることもあります。

Googleマップで間接検索 検索ワード:「神戸市 ストリートビュー」

間接検索

間接検索ではビジネス名そのものが指定されず間接的なキーワードで検索するため検索キーワードに該当するビジネスの一覧が表示されます。
※1ページには20位まで表示されます。

GoogleChromで間接検索 検索ワード:「神戸市 ストリートビュー」

ローカルパック

ローカル検索を行った場合Google検索結果の上部には検索順位の上位3位までのGoogleマイビジネスが表示されます。
このようにGoogle検索結果に表示されるGoogleマイビジネスのリストのことを「ローカルパック」と呼びます。
ローカルパックにもさまざまな種類があります。

ここがポイント

Google検索結果よりも目立つ上部にGoogleマイビジネスが表示され、今まで大手企業のWebサイトが上部を独占していた検索結果に、自分のお店を表示できるようになり多くの人にお店を知ってもらうチャンスができた事で、Googleマイビジネスが世界的に注目され話題となっているのです。

Googleマイビジネスを閲覧する人の数

例に挙げたような検索をインターネットユーザーであれば誰でもしたことがあるのではないでしょうか。
Googleマイビジネスを実際にどのくらいの人々が使用しているかデータを見てみましょう。

お店を探す44%のユーザーがGoogleマップを利用しています

偶然訪れた馴染みのない場所で昼食を取ろうとしたとき、あなたはどうやってお店を探しますか?
仕事の合間に行けるよう勤務先の近くにある歯医者を探すときは?
「知り合いに紹介してもらう」という昔ながらの、そして実はかなり有効な手段もありますが、最近ではインターネットを利用する人が大変多くなっています。
インターネットでの検索方法にもさまざまあります。
Yahoo、Bing、MSN、そしてもちろんGoogleなどの検索エンジンでWebサイトを検索する方法もありますが、今主流となりつつあるのが地図検索です。

今や半分近く(44%)のネットユーザーは地図検索サービスで行きたいお店を探しています。

出典:The power of media-rich map listings/GoogleStreetView

※この調査報告は2017年に作成されました。現在は更に利用者が増えています。

地図サービスの中でも日本国内のGoogleマップの利用率は77.5%とずば抜けています。

普段利用している地図アプリは?

出典:地図アプリに関するNPS調査【iPhoneユーザー4,219名対象】/TesTee(テスティー)

ではなぜ、Googleマップを利用する人が増えているのでしょうか?「便利だから」です。
Googleマイビジネスは、地図情報や店名・電話番号・ルート検索など訪問や予約に必要な基本情報と、クチコミや写真・Googleストリートビューなどの客観的な事実にもとづく情報に限られているため、ユーザーの意志決定を迷わせる要素も少なく直感的に目的を果たせます。
またすべての場所が同じフォーマットで表示されるため電話番号や住所などを探す手間が省けるでしょう。

ローカル検索で新しいお店を見つける

現在地周辺で、行ったことのないお店でランチをしたいと思っているユーザーが居るとします。
さてどうやって探すのでしょうか。
その方法は非常に簡単、スマートフォンでGoogle検索やGoogleマップを開き、「ランチ」と入力するだけです。
Googleにスマートフォンの位置情報を提供していれば、すぐに周辺のいくつかの候補が検索されます。
現在地周辺でなく最寄駅の近くでお店を探したければ「〇〇駅 ランチ」と入力しても同じように目的の場所がみつかります。
このように「位置情報や場所」と「キーワード」を組み合わせて行う検索方法を「ローカル検索」といいます。

消費者の80%(5人に4人)がローカル検索で近くの商品やサービスをみつけています。

“ユーザーはどこにいてもローカル検索を使用します。84%がコンピューターまたはタブレットで検索エンジンを使用しており、さらに多く88%がスマートフォンを使用しています。”

They conduct local searches wherever they happen to be; 84% use search engines on their computer or tablet and even more (88%) do so on their smartphone.

“ローカル検索はどこでも、すべてのデバイスで行われます。事実、外出先でのスマートフォン検索の56%、店内でのスマートフォン検索の51%はローカル検索です”

「Local searches happen everywhere, on every device」

And when consumers are outside of the home, the majority of their smartphone searches are of a local nature. In fact, 56% of smartphone searches done on the go have local intent as do 51% of those done in-store.5

出典:「Going Local: How Advertisers Can Extend Their Relevance With Search」

ローカル検索は、ユーザーにとって便利なだけではなく、実はビジネスオーナーに非常に魅力的で大きなビジネスチャンスを与えてくれます。
街にはじめて来た人があなたのビジネスの名前を知っていることはまずないでしょう。
しかしローカル検索は「位置情報や場所」とキーワードの組み合わせで検索するので、「お店の名前」を知っている必要はありません。

ここがポイント

あなたのビジネスの知名度がまだ高くなくても、ユーザーが入力するローカル検索に適合したら、あなたのビジネスを知らなかった新規の見込み客にアピール出来ます。

ユーザー自らがあなたのビジネスを見つけてくれるのです。

ローカル検索ユーザーを重要視しなければならない最大の理由は、「優良な見込客」であることです

  • お昼ご飯をたべたい
  • 痛みを止めたいので歯医者に行きたい

ローカル検索ユーザーは、何かしらの目的を持っていて、目的が実現できる場所を探しています。
そして検索結果が条件に適うものであれば、すぐにでも行動に移します。心当たりはありませんか?

以下はGoogleの調査結果からの抜粋で、要約すると以下のように報告されています。
まさに、「Googleマイビジネスが新しいお客様を連れてくる」のです。

”パソコン、タブレットからローカル検索を行うユーザーの34%。
スマートフォンユーザーにいたってはなんと半数、50%が24時間以内に実際にお店に来店します。”

Our research suggests that consumers who conduct local searches are further down the purchase funnel. Within a day of a local search, 34% of consumers who sought local information on their computer or tablet made their way to a store, and of those who used a smartphone, the number is even higher at 50%.

来店者のうち実際に購入まで進む割合はローカル検索をしていない来店者の2.5倍です。

In fact, if you’ve gotten them in-store, there’s a good chance that these consumers are ready to buy; a greater percentage of local searches lead to a purchase within a day versus non-local searches (18% vs. 7%).

Local searchers are a prime audience for advertisers because those who search with local intent are more inclined to act.

出典:Going Local: How Advertisers Can Extend Their Relevance With Search

Googleマイビジネスに登録した方が良い?

Googleマイビジネスの登録は必要です。それどころか必須です。

自分の業種には関係ない?

GoogleマップにGoogleマイビジネスとして追加できない場所は

住居(プライベートな場所)や物理的に存在しない場所(オンライン限定ビジネス)、非公開の場所(軍事施設等)や定着していない場所などです。

Googleマイビジネスヘルプ 地図に追加できない場所

ここに当てはまらない場所は追加可能ですので、ほとんどの業種で追加が可能となります。
実際にGoogleマイビジネスで登録が出来る業種カテゴリは数百種類におよびます。

自分のお店のカテゴリを何に設定するかは間接検索結果に影響します。
誤ったカテゴリの選び方をしていたらせっかくの集客機会をムダにしてしまうこともあります。
Googleマイビジネスのカテゴリ選択はしっかり理解した上での設定をお奨めいたします。

Googleで検索したら既に自分のお店があるみたいだけど?

Googleマイビジネスはビジネスオーナー自身が作ることもできますし、Googleへの情報提供として Googleマップユーザーが作成することも出来ます。
Googleが、インターネット上の情報をもとに作成することもあります。
その際はビジネスオーナーへ通知されません。
さすがのGoogleであっても地球上の誰がこのお店のビジネスオーナーか知らないからです。

Googleマップユーザーが作成したとしても、そのユーザーが特別親切な方で直接「Googleマップにあなたのお店を登録しましたよ!」と連絡をもらわない限りは、何もしなければビジネスオーナーがGoogleマイビジネスの登録がされたことを知ることは無いでしょう。
Googleマップユーザーが積極的に自分と関係もない店のマイビジネスを作成するのはローカルガイドという制度があるからです。
ちなみにGoogleはGoogleマップユーザーに対して「ローカルガイドプログラム」への参加を推奨しています。

Googleマイビジネスヘルプ ローカルガイド

ローカルガイドは新しい店舗の登録やクチコミの記入、写真の投稿や情報の修整を行い、Googleマップの情報を充実させます。
その対価としてGoogleマップへ貢献したユーザーへはポイントとランクが与えられます。

ここに注意

オーナーも知らないうちに作られたGoogleマイビジネスが、気付いた時にはユーザーが撮影した料理や商品、店内の写真やクチコミ評価まで掲載されており、別のユーザーが行きたいお店を決める材料にしている状態になっているかもしれません。

まだ自分のお店や事業のGoogleマイビジネスを見たことがない方は、すでに登録されていないか今すぐに確かめましょう。

自社のWebサイトがあれば登録しなくても良い?

お金をかけてWebサイトを作っても、Googleマップの検索結果には、Webサイトは表示できません。
ネットでお店を探すユーザーの半分近くにあたる、Googleマップユーザーには自社Webサイトを見てもらうことは出来ないのです。
ではGoogleマップには何が表示されているのでしょうか。
Googleマップに掲載できる情報はGoogleマイビジネスだけです。
しかし地図以外のブラウザで検索する人もまだまだ沢山いるのでは?
と思ったあなたにもうひとつ理解して欲しいのは、周辺検索をするときの仕組みについてです。

さらに詳しく

ユーザーが検索したとき、その周辺などに存在する店をGoogleはどうやって把握しているのでしょうか?

ユーザーが検索を行った場所の位置情報と、Googleマップに掲載されているマイビジネスの住所情報をもとに候補として、検索対象に表示されるのです。

ブラウザでGoogle検索を使って「おしゃれなカフェ」と検索した場合。

このようにGoogleが周辺でおしゃれなカフェと思われる店舗を3つ表示して提案してくれます。
これらは位置情報をもとにしたリーカル検索と間接検索によって候補が選び出されています。

※ちなみに「おしゃれなカフェ」の対象は、マイビジネスの口コミに書かれた文章などをもとに判別されて表示されているようです。

ここがポイント

表示される候補は3つです。

当然の事ですが3パックに表示される3位以内と、「さらに表示」をクリックしてから表示される店舗ではクリック率に大きな差が出ます。

そのため自分のお店が広範囲&複数キーワードで3位以内表示されるように対策をはじめるお店が増えています。

Googleマイビジネスを利用する5つのメリット

メリット1:お店や施設を多くのGoogleユーザーに見つけてもらえる機会が増えます。

最大のメリットは、利用数の多いGoogle検索ユーザーに対し、無料でアピールが出来ることです。
ただしGoogleマップ上にマイビジネスの登録がなければお話になりません。
Googleマップ上にマイビジネスがなければ、Googleマップを閲覧するユーザーにとってそのお店が存在しないのも同然です。

あなたのお店をGoogleマップ上のGoogleマイビジネスにしっかり登録する事で、ユーザーが位置情報などをもとに、周辺エリアで「近くのカフェ」などと検索したときに、Googleが無料であなたのお店の存在をアピールしてくれるのです。

周辺のスポット

現在地周辺のオススメ情報をネット上からGoogleが集め表示する機能です。

Googleマップのアプリで周辺の地図を開いてみて下さい。
下の方に周辺のスポットというアイコンがあります。


ユーザーの嗜好に合わせたマイビジネスが表示されるようになっているので、Googleがユーザーとお店のマッチングをしてくれます。

メリット2:お店や施設の情報を、正確かつ魅力的に、そしてタイムリーに発信できます。

Googleマイビジネスは自分で管理をすることが出来ます。

「オーナー確認」をすることでGoogleからGoogleマイビジネスの管理者権限を与えられます。

メモ

オーナー確認とは、そのGoogleマイビジネスが示す事業のオーナーであることをGoogleに申告し、承認を受けることです。
オーナー確認を行うことで、第三者やGoogleからの情報の変更を、オーナー自身の判断で承認や拒否が出来るようになりますので、間違った情報の発信を防ぐことが出来ます。

ユーザーは一覧で表示されたGoogle上のマイビジネスを比較し、中から行ってみたいお店を選びます。
誰かがあなたのマイビジネスを見た時に、悔いの残らない情報でアピールしましょう。
せっかくマイビジネスを見てもらえたのに正確で無い住所、電話番号、ウェブサイト、営業時間などが掲載されていいればユーザーは店に訪れません。
情報に変更があればすぐに更新し顧客が店舗を見つけられるようにしましょう。

店舗情報は抜けの無いようにすべて正確に登録しましょう。
最新の写真、フォロワーへの初回特典、商品/製品の入力であなたのマイビジネスを最新かつエキサイティングなものにしましょう。
ウェブサイトがない場合は、Googleマイビジネスの機能で無料ウェブサイトを作成することもできます。

さらに詳しく

店舗情報を最新の状態に保つことで、お客様が自信を持ってビジネスを選択したり、関心のある場所やサービスに関する正確で具体的な情報を見つけれます。

あなたの店舗の住所、営業時間、カテゴリ、およびその他のビジネス情報を最新の状態に保ってください。

地域の情報を検索した人の54%が営業時間を確認しています。

参考  Ipsos research, impact of a complete listing, Oct 2017

投稿機能でどんどん情報を発信出来ます

オーナー確認を行うとマイビジネスに自分のお店や商品の写真を掲載したりイベント、クーポン情報を投稿したりすることでそのマイビジネスを閲覧した見込み客へのアピールが出来ます。

Googleマイビジネスの投稿を活用する事で、人気商品や新商品などをユーザーにアピールして人々の注目を集めれます。
初回特典・クーポンやイベントなどを投稿して興味を持ってもらい、ユーザーがどのような反応をしたかを確認することもできます。

さらに詳しく

投稿機能を使って最新のニュース、イベント、オファーなどをGoogle検索に直接公開できます。

2人に1人のユーザーがオンラインでビジネスを検索する際にプロモーションやディスカウントを探しています。

参考 Ipsos research, impact of a complete listing, Oct 2017

魅力的な写真を掲載することが出来ます

あなたのGoogleマイビジネスに写真を増やしましょう。
目を引く写真は今風に言えばインスタ映えするような写真を掲載することで、あなたの店舗やあなたの提供するような商品を探している人たちの関心を集め、ユーザーにあなたのお店を選んでいただけるチャンスを広げれます。
あなたの商品、店舗、チームメンバーなどの魅力的な写真を数多く追加してください。

電話機能はユーザーがより簡単に連絡できるようになります

Googleマイビジネスに電話を登録することで、顧客は通話ボタンを使用して1回のクリックであなたに連絡できます。
こうすることで、あなたの店舗のような店舗をオンラインで探している人は、興味を持った瞬間に連絡を取れるのです。

ここがポイント

90%の顧客が検索結果ページに電話番号のある店舗に訪問する可能性が高いというデータがあります。

参考 Ipsos research, impact of a complete listing, Oct 2017

提供するサービスを細かく指定できます

ユーザーにあなたの店舗に関する有益な情報を提供し、より多くの人々があなたのGoogleマイビジネスを表示する方法があります。
方法はマイビジネスを最適化するための属性を追加することです。
選択しているビジネスカテゴリによって、使用できる属性は変化します。(飲食店系や自動車販売店系のカテゴリは選択肢が多いです)

さらに詳しく

属性には、支払い方法、アクセシビリティオプション、店舗がバリアフリーに対応しているかどうかなどが表示されます。

あなたのビジネスに設定できる属性を確認してください。

ユーザーに目立つように、あなたのビジネスがもつサービスや施設の属性を選択することで目立たせましょう。

カテゴリ固有の機能を活用する

選択したビジネスカテゴリに応じて、マイビジネスのその他の機能が表示されることがあります。
たとえば飲食店系のカテゴリーではメニューを含めるオプション、予約機能を提供するオプションなどがあります。

あなたの店についての会話に参加する「クチコミ」

クチコミに返事をすることで信頼や愛着を構築できます。
新しいクチコミがいつ投稿されたかを知り
・あなたの視点を提供したり
・問題を解決したり
・質問に答えたり
・ユーザーに感謝
してください。
多くのユーザーは新しいお店や商品を選ぶ際にクチコミの内容を参考にします。

ここがポイント

顧客の3人中2人が肯定的な評価を見ることは、購入する商品や店舗を選ぶ上で、重要な要素だと言っています

Googleマイビジネスで顧客の質問に回答するが出来ます

ビジネスオーナーは、お客様の質問に対する回答が可能です。
Googleは顧客の質問に簡単に対応できる機能を質問と回答で提供しています。
質問と回答では、潜在顧客からの質問に答えたり、トップの回答をハイライトしたりできます。

さらに詳しく

質問と回答はブラウザなどのユーザー画面から質問も回答も登録出来ます。

店舗オーナーとして質問と回答のどちらもご自身で登録してQ&Aのように活用する事も可能です。

あまりユーザー同士でやり取りをされたくないと思う場合は、最初の質問が入る前にFAQとして登録しておくことも有効です。

迅速な回答で顧客を満足させる「メッセージ」

場合によっては、お客様から電話利用出来ない事があります。
そこで電話ではなく、マイビジネスからチャットメッセージを送信できるようにきます。

さらに詳しく

メッセージ機能を利用するには、顧客がGoogleのリスティングから「直接メッセージを送ることを許可する」設定を行います。

自動応答機能もあります。

この設定はPCからは出来ず、モバイルアプリからの操作のみです。

メッセージはリアルタイムで顧客と対話して質問へ回答し、ビジネスに関する詳細情報を提供できます。

もちろん対応出来ない時間帯にはオフにすることも可能です。

将来期待されるフォロー機能

昨年のGoogleマイビジネスの新機能としてフォロー機能が追加されました。
フォロー機能が追加されることで、Facebookなどのようにお店のファンとしてフォローしてくれている既存ユーザーに対して、イベントなどの情報をプッシュ発信にてお知らせすることが可能になるものと思われます。

メモ

今のところはGoogleマップアプリの「最新」タブから確認できるタイムラインに表示されています。

営業時間や定休日の設定が出来ます。

オーナー確認を行うと営業時間や定休日の設定が出来ます。

せっかくお客様が来てくれたのに店休日だった…!なんてことのないよう見込み客がマイビジネスを見ると一目で営業時間を把握可能で、実際に来店するスケジュールを組むことが出来ます。
お客様の検索した時間帯が営業時間外であれば営業時間外と表示されるでしょう。
ローカル検索では現在営業中であるか否かも検索結果順位表示に影響が有ります。

メリット3:Googleマイビジネスを見たユーザーの行動を分析して次のアクションに活かせます。

Googleマイビジネスの管理画面からアクセス出来るインサイトでは、自分のGoogleマイビジネスの閲覧数、検索数がわかります。
またユーザーが検索する際に用いた語句から、ユーザーがもつ自分のお店へのイメージや、何を期待して来店するか考察し営業に役立てることが出来ます。
Googleマイビジネスを見た後の行動もわかります。
「Webサイトへアクセスした数」「ルート検索をした数」「電話をかけた数」など
Googleマイビジネスからの反響数を確認することが出来ます。

マイビジネス管理画面では、顧客があなたのマイビジネスを見つけてどのようなやりとりをしたかを簡単に確認できるでしょう。
あなたの店舗の検索数や、あなたの投稿と写真の表示回数、電話着信数とルート検索数などを確認できます。
あなたの店舗に新しい顧客を引き付けるのに役立つ重要な情報を提供してくれます。

メモ

AdWords Expressを使用して、より簡単に広告を設定してより多くの顧客を獲得し、パフォーマンス向上させる方法を学ぶこともできます。

メリット4:Googleマイビジネスはインバウンド(訪日観光客)にも有効です。

ここ数年、日本政府は海外からの誘客、いわゆる「インバウンド」に力をいれており、2020年、東京オリンピックの年には、客数4000万人・消費額8兆円を目標として官民挙げて市場拡大を進めています。
出典:明日の日本を支える観光ビジョン

Googleマイビジネスは日本へ観光にきた外国人の方に対しても非常に有効です。
自社のWebサイトを他言語対応化させるには、費用の発生することも多いです。
しかしGoogleマイビジネスは無料で対応が可能です。

ここがポイント

Googleマイビジネスが表示されるGoogleマップは、現在(2019年12月)74ヵ国語に対応しています。

Googleマイビジネスは自動的にユーザーの使用言語へ変換されます。

さらにビジネス名(店舗名)についても、様々な言語での表記設定が可能です。

ここに注意

ビジネス名だけは自動翻訳されないため個別の言語にて設定をする必要があります。

そしてこの翻訳は項目名や住所といった基本的な情報だけでなく、ユーザーの判断に大きな影響を与えるクチコミまでも自動翻訳されているのです。

さらに詳しく

欧米の方はクチコミを重視する傾向があります。

日本でメジャーなグルメサイトなどは、外国語対応のサイトは用意されていてもクチコミ翻訳は未対応のサイトが多いです。

そのため訪日観光客のGoogleマップの使用率は非常に高いです。

弊社事例ではGoogleマイビジネスの整備を行った2か月後、反響率が2倍となった観光地の宿泊施設があります。

メリット5:Googleマイビジネスを整備した効果は持続的かつ資産になります。

ここがポイント

Googleマイビジネスは他の広告と違い明確にコストパフォーマンスが高い!

Googleマイビジネスは一般的な広告と違い一定の料金を払った期間だけ表示されるのではなく、一度整備を行いよい環境で循環が始まれば、メンテナンスを継続的に行うだけ継続的に集客効果を上げてくれるのです。
Webサイトももちろん重要です。
しかし周辺地域の集客に限ってGoogleマイビジネスはWebサイト以上に効果が望めます。
色々な広告媒体で集客を検討するならば、まずはGoogleマイビジネスを整備し、後にGoogle広告やその他の広告を導入しても遅くはありません。

Googleマイビジネスに登録しない、放置するデメリット

Googleマイビジネスが登録されていないのは、Googleマップユーザーから見ると、その店舗は存在しないのと同義です。
そしてGoogleマップのユーザー数は決して無視できない、むしろ重視すべき数であることもご理解頂けたかと思います。

ではGoogleマイビジネスが登録されていればそれでよいのか?Googleや第三者が作成したとしても存在しているなら放置していてもいいのか?
そうではありません。オーナー確認を済ませ管理し継続運用する必要があります。
どのようなデメリットがあるか実例をもとに説明します。

デメリット1:隣接する道路の写真がお店の代表写真に

これは居酒屋のGoogleマイビジネスですが道路の写真がメイン写真になっています。
居酒屋を検索し結果に表示されたGoogleマイビジネスのリストに、この店舗が他の店舗と一緒に表示されていたとしたら、他の店舗を選びませんか?

ここに注意

マイビジネスを管理していない状態では、登録されている位置情報から近くの道路のストリートビューがメインの写真として表示される場合があります。

場合によってはメイン写真として掲載される道路写真が、上記の例のように店舗のイメージを損ねるような写真で有るケースが少なくありません。

この様なケースの場合は、店舗内部のストリートビュー写真を掲載することで表示される写真を変更する事が可能です。

デメリット2:クチコミ放置は恐ろしい事に

自分のGoogleマイビジネスにひどいクチコミが書いてある!そういった場合、放置していませんか?
今までクチコミと言えば発信者の友人や家族などリアルなコミュニティ内で広まるものでした。
信頼のおける人からの情報は非常に有効な判断基準です。
それは現代でも同じです。
では自分の周りの人が行ったことのない場所へはじめて行く場合は?
かつてはお店の評価を知ることなく訪問したでしょう。
そして感想を周りの人にお話ししたかもしれません。
しかし現代は違います。
さまざまなクチコミやレビューをネットで見て行き先を決定したり変更したりは当たり前です。
悪いクチコミが書いてあるお店とよいクチコミが書いてあるお店だったら当然よいクチコミを書いてあるお店に行きたくなりますよね?
わざわざお金払って、嫌な思いをするかもしれないお店に行きたくないという方が大半です。

ここに注意

そんな意思決定の重要な手段となるクチコミを放置する…

さらにユーザー数が莫大なGoogleマイビジネスに付けられた悪いクチコミを放置する…

もはやマイビジネスを放置するのは世界的企業であるGoogleが、あなたのお店のネガティブキャンペーンを行っているようなものです。

それでも悪質なクチコミが記入された場合は次の記事を参考にしてください。

デメリット3:営業しているのに、知らないうちに閉業扱い

もっと怖いことがあります。

マイビジネスには「閉業」というマークがあります。

このマークは第三者がつけれます。
オーナー確認をしていれば、情報の修正が第三者によって提案された際は、その情報の正否を確認することが出来ます。
しかしオーナー確認をしていない場合は何のお知らせも届きません。
親切なお客様の誰かが教えてくれるまで気付いていなかったなんて話もあります。
今、まさにレストランを探しているユーザーが、Googleマップで”近くのレストラン”と検索し、さまざまな検索結果からお店を選ぼうとしているとします。
その検索結果にあなたのお店が表示されていて、実際には営業しているにかかわらず、そのマイビジネスには「閉業」と表示されていたらどうなるでしょうか?
「本当に閉業かどうかこの目で確かめてみよう!」そう思って実際に足を運ぶでしょうか?
大抵の人は他の検索結果に表示された他の店に行くでしょう。

ここに注意

Googleマイビジネスを放置していると気付いた時には大きな機会損失を被っている可能性があります。

Googleマイビジネスを最大限活用する方法

目指すべきゴールはなにか

ローカル検索時に可能な限り多く露出されるGoogleマイビジネス

Googleマップ上では、Google広告を除いてビジネスのPRはGoogleマイビジネスを利用するしかありません。
またほとんどの検索がローカル検索である現状から、ローカル検索にマッチするには、Googleのシステムに近隣で同業他社のGoogleマイビジネスと比較して、あなたの管理するGoogleマイビジネスを高評価してもらうための対策をおこなう必要があります。

ここがポイント

単一のキーワードで検索上位表示されるだけではなく、その他の関連するキーワードでも上位表示されるGoogleマイビジネスであることも必要です。

すなわちキーワードだけで無くGoogleマイビジネス自体が競合他社より高評価される状態、言って見れば強いマイビジネスにする必要があるのです。

メモ

またより積極的に集客を増やすために有料のGoogle広告を掲載したいと思ったときには、Googleマイビジネスの検索結果がもともと上位のビジネスは入札価格が安価になりますので、競合他社に比べ安価で広告を掲載出来るメリットもあります。

ユーザーの心を動かすGoogleマイビジネス

GoogleマイビジネスをPR手段として見たとき、検索順位を上位に上げて表示機会を増やすだけでは意味がありません。
また表示機会を増やして「ユーザーに見られただけ」でも目的を達成したとは言えません。

ここがポイント

Googleマイビジネスの情報をユーザーが見た後に興味をもち、「ルート検索」「電話をかける」「ホームページに訪問する」といったアクションを起こし、その結果来店や購買で帰結することがゴールでなければいけません。

つまりユーザーの興味関心を惹き起こし、行動に移させるだけの情報を掲載する必要があります。

この条件を満たすGoogleマイビジネスこそ目指すべきゴールです。

Googleマイビジネスの運用で絶対にしてはならないこと

知らなかったでは済まされないポリシー違反

「ローカル検索結果の上位に表示されたい!」これは集客をしたいビジネスオーナーであればだれでも考えることでしょう。
実は簡単で、しかも効果的な方法があります。

ここに注意

それは、「Googleマイビジネスのポリシーに違反することを承知で」ビジネス名を幅広い検索ワードに適合するように変えてしまうことです。

実はこの方法で検索順位を上げられると喧伝する業者もいるようです。

もしそのような営業があっても、決してその言葉に乗ってはいけません。

実際の店名に含まれないキーワードを詰め込むことは明確なポリシー違反です。

Googleマイビジネスのポリシーに対して不正と判断されると、Googleマイビジネスの停止もしくは削除される可能性が高いためです。
この審査はAI(人工知能)ではなく、人間が行います。
つまり人件費というコストをかけてでも不正を撲滅する、というGoogleの強い意志が感じられます。
これはたとえGoogle広告をかなりの額導入していたとしても容赦なく停止されます。
何故ここまで厳しくするのでしょうか?
それはキーワードの詰め込みは、検索サービスにとって最も重要な「検索者の必要とする結果を表示する」システムを妨害するためです。
検索者にとって自分の必要な情報が検索結果で返ってくれば、その検索サービスを今後も利用しようとするでしょう。
しかし期待した情報でなければ使わなくなります。
これが検索サービスを利用する利用価値です。

Googleが検索サービスの利用価値を高めるために行っていること

Googleが検索サービスの利用価値を高めるためにおこなっているのは、検索サービスの要である検索エンジン(検索するためのプログラム)精度を上げていくことです。
検索エンジンは無尽蔵ともいえるインターネット上の情報の中から、検索者にとって最適な解を提供するべく、莫大な費用と時間、優秀な人材によって開発されています。
その技術や可能性は一般の人々の想像をはるかに越えていると言われています。
またそのロジックは非公開です。
何故なら、そのアルゴリズムに最適化されたもの(たとえばホームページ)が造られれば、アルゴリズムを「騙す」ことで不正な検索結果を導く可能性があるからです。
しかしいくら検索エンジンが素晴らしいものになっても、検索者の望む結果が得られるとは限りません。
それは「情報が不正確」であった場合です。
たとえばGoogleマイビジネスの営業時間に誤った情報が掲載されていても、Googleの社員がそのお店の営業時間を店舗へ確認しに行くことは現実的にムリです。
電話番号が間違っていても同じでしょう。
焼鳥屋のカテゴリーが美容室になっていたら、少なくともローカル検索では見つけてもらいにくくなるはずです。
そもそもGoogleマイビジネスに「ビジネスオーナーですか?」と表示されていれば、その場所に本当にお店があるのかどうかも疑わしいと言わざるを得ません。
ですからGoogleは、ビジネスオーナー確認やマイビジネスの編集について、非常に簡単な方法で行えるように用意しています。
極論としては、ビジネスオーナーがマイビジネスに対して行えることは、とても単純な作業しかないのです。
Googleが検索エンジンを整備し、容易にビジネスオーナーがマイビジネスを編集できるようにし、検索サービスの信頼性向上の努力を続けている理由は、すべて検索者にとって有用な検索結果が得られる仕組みを維持向上させるためでもあるのです。

Googleマイビジネスはなぜ完全無料か

Googleマイビジネスは完全に無料です。
無料なのはGoogleマイビジネスだけでなく、そのプラットフォームであるGoogleマップもそうですし、Google検索や動画や音楽が楽しめるYouTube、メールアプリのGmail・エクセルやワードと互換性があるスプレッドシート、Googleドキュメント等、Google各種サービスそのほとんどをGoogleは無料で提供しています。
Googleマイビジネスに関して言えばここ数年GoogleはGoogleマイビジネスへの改善を積極的に行っています。
たとえば、短いプロフィール名を追加することで、ユーザーに自分のお店のマイビジネスに簡単にアクセスする手段を提供する機能(ビジネスの略称と URL を作成する)

フォロワー機能、フォロワー初回特典を作成する機能

などの機能追加のほかに、GoogleマイビジネスのオーナーがGoogle検索で自分のお店を閲覧する際に、先月の閲覧数の推移を確認できたり投稿機能を使用して入力した文章が検索結果に反映されたりと細かい仕様の変更を多数行っています。
またカテゴリ限定の仕様変更もありますのでそのすべてを把握することは困難になるほどです。
Googleは莫大なコストを支払いこれら機能の改善や維持を行っています。
そんなGoogleの売上や利益については、2018年通期では1368億ドル(14兆7700億円 108円/1ドルで計算、以下同じ)、営業利益は263億ドル(2兆8400億円)となっています。
物凄い金額ですが、たとえば日本で最も売上高の高いトヨタ自動車の売上が29兆3795億円ですから、巨大とはいえ世界一という訳ではありません。
(ちなみに世界一の売上高の会社はアメリカのウォルマートで、その売上げはなんと53兆円!です)
しかしGoogleの凄いところはその営業利益率で、なんと19.2%もあります。
これは非常に効率のよい商売で、例えばトヨタ自動車の場合8.2%(2兆4,000億円)なので、Googleの方が効率よく収益を上げていると言えます。(ちなみにウォルマートの営業利益率は1.9%、2兆437億円です)
Googleの2018年度第4期(10月~12月)売上高、391億2200万ドル(4兆2252億円)に対し、広告売上は6億3500万ドル(83.4%、3兆5245億円)と、そのほとんどが広告、それもインターネット広告です。
広告の他にもYouTubeやクラウドサービス(データセンター)の売上もありますが、売上の柱はインターネット広告であることに間違いありません。
実はGoogleはこの広告による収益を増加させるための土壌とし、Googleマイビジネスやその他のサービスを無料で提供しています。
たとえば皆さんがどこかに広告掲載する想像をしてみてください。
せっかくお金を払って広告を出すのなら、当然その広告による集客や売上の増えることが必要ですし、そのためにはその広告が多くの人の目に触れることが重要です。
Googleは、Googleのサービスを利用する人が多くなればなるほど、その広告を目にする人が増えると考ています。
Googleのサービスの多くには広告枠が設定されており、人々が頻繁にGoogleのサービスを利用すればそれだけ多く広告を目にすることは疑いようがありません。
GoogleにとってGoogleマイビジネスを利用するビジネスオーナーは、Googleマップのユーザーであり、Google広告の見込み客でもあります。

Googleマイビジネスは広告ではない

GoogleがGoogleマイビジネスを無料で提供している理由を述べてきましたが、あくまで「Googleと検索者」のためであって、Googleマイビジネスのオーナーのためではありません。
Googleマイビジネスのオーナーの主観的な情報ではなく、事実と客観的な情報を伝えるためのスペースです。
少なくともGoogleマイビジネスは「自分のビジネス(お店)にとって都合のよい情報だけを載せられる」スペースではないのです。
Googleマイビジネスは検索者が必要とする情報をコンパクトにまとめて、その選択や訪問、購入の手助けをするためにあります。
またGoogleの収入源である広告を露出できる数多くのプラットフォームの一部で、より多くの人がGoogleのサービスを利用するための入口です。
ですから例え都合の悪い口コミを投稿されても、ユーザーによって「あまり綺麗で無い」写真がアップされても、それらはGoogleの審査に通らないと削除することはできません。
何故ならビジネスオーナーにとって不都合な情報であっても、検索者の判断材料になるからです。
Webサイトのように店主の想いや商品の優秀さを十分に記載できる場所もありません。
ビジネスオーナーの一人勝ちの情報は、検索者にとって必ずしも必要な情報とは言えないからです。

  • 自分の要求に適った正確な情報を得たいと考える検索ユーザー
  • 自社サービスの価値を高める良質の資産としたいGoogle
  • 低コストかつ強い発信力をもつ広告ツールとして活用したいビジネスオーナー

この3者の利益が一致するところに位置するGoogleマイビジネスは、それぞれがその目的の高度な達成に向けて努力・改善を続けることで、さらに便利で洗練されたものへと発展していくと考えられます。

Googleの検索エンジン国内シェアはPCでは91%以上、モバイルにおいては99%以上のシェアを取っています。
このシェアはあまりにも圧倒的な為、その巨大さをご理解いただけるはずです。

Googleマイビジネスに今取り組むべき理由

GoogleマイビジネスやGoogleマップに対して批判的な感想をいう人は少なくありません。
たしかにさまざまな制約があります。
その制約こそが検索者から信頼され、利用される理由でもあります。
過剰な情報がなく必要な情報を見つけやすいからこそ、検索者は手軽に検索し、すぐに意思決定ができるGoogleマイビジネスを参考にするのです。
飲食店や美容室、病院、老人ホームなど今や世の中のほとんどすべてにその情報を掲載するサイトが存在しており、その多くは当然ながら有料です。
「掲載料金が有料のサイトには誇張や嘘があるかもしれない」と考える声が多くなっているとさまざまな場で耳にします。
これは非好意的な口コミの非表示や有名ブロガーによる提灯記事で話題になった某有名サイトや、無料掲載を謳っていながら、料金を払えば上位検索表示や競合店の非表示といった特別なサービスを提供する情報サイトなどにより、不信感や批判的な感情をもつ消費者が増えてきたことに他なりません。
Googleマイビジネスは無料で利用できます。
ただしGoogleのポリシーに従わなければいけません。
無料で利用出来るは別の言い方をすれば「お金をいくら払っても検索結果を操作できない」とも言えます。
「正しいルールに則ってGoogleマイビジネスを編集し、Googleストリートビューや写真、イベント投稿などで情報を発信し、ユーザーをもてなしクチコミに返信をする。」
Googleマイビジネスが検索者にとって必要な情報であり、継続的に情報を発信するオーナーが評価されることをGoogleは望んでいるのです。
インターネット業界シェアナンバー1のGoogleが、本気で伸ばそうとしているGoogleマイビジネスですから、放置していても巻き込まれてしまいます。
ですから今からでも積極的に活用して時流に乗ることが今こそ大切です。

ここがポイント

Googleと同等のユーザー数を誇るサービスは他にありません。Google広告を導入する企業も増えました。顧客へサービス提供を行うほぼすべての業種が対象となります。

Googleマイビジネスに登録して活用しましょう!

Googleマイビジネス各種運用サポート

いくらGoogleマイビジネスが重要と言われても対応できない場合は弊社がお手伝い致します。
まずGoogleマイビジネスの登録がなければ始まりません。

こちらのサービスもご検討ください!

マイビジネスの運用をプロのノウハウで常時最適化するなら

Googleマイビジネスの情報入力はそれで正しいのでしょうか。ストリートビュー撮影に加え上質なスチル写真撮影を合わせてご提供します

自分のGoogleマイビジネスと競合他店のGoogleマイビジネスの違いを徹底的に調べ上げます

ご自身の現状に合わせて様々なサポートサービスをご用意しております。