Googleストリートビュー埋め込み方法

Googleストリートビューの活用方法として、自社ホームページ等にリンクを張ったりページ内に埋め込む方法をご紹介します。

ストリートビューページのリンクを共有する方式

お好きなお部屋や場所から始まるストリートビュー(インドアビュー)ページへのリンクを張ることが可能です。
画像にリンクさせることでわかりやすく表示させることが出来ます。

1.まず、ストリートビュー(インドアビューページ)を開きます。
2.次に、見せたい場所や向きにストリートビュー(インドアビュー)を合わせます。

3.ストリートビュー(インドアビュー)ページ右上の『3つの玉が並んだアイコン』をクリックします。
4.『画像を共有または埋め込む』をクリックします。

5.表示されているURLまたは、短縮URLをホームページにリンクさせたり、画像にリンクさせてください。

ストリートビュー画像の埋め込み方法

ホームページにストリートビュー(インドアビュー)を直接埋め込んでいただく方法です。
こちらもお好きなお部屋や場所から始まるストリートビュー(インドアビュー)を表示することが可能で、ホームページに直接埋め込むことでストリートビュー(インドアビュー)の存在を強調することが出来ます。

※一例 このようにストリートビュー(インドアビュー)を埋め込むことが出来ます。
 画面内の矢印を直接クリックして移動できます。

1.見せたい場所や向きにストリートビュー(インドアビュー)を合わせるところまでは、リンク式と同様の操作です。
2.『画像の埋め込み』をクリックします。

3.ホームページのサイズに合わせ、小(400×300)、中(600×450)、大(800×600)、カスタムサイズ、の中から埋め込みサイズの指定をします。

4.表示されているHTMLタグをそのままコピーし、ホームページに埋め込みを行ってご使用ください。