ストリートビュー

Googleストリートビューの撮影方法について

Googleストリートビューを認定パートナーが正規の方法にて撮影する場合の撮影方法について説明します。

カメラ機材

カメラに魚眼レンズを取付てGoogle指定のパノラマヘッド(90度ずつカメラを回転させる為のアダプタ)を三脚に取り付けて撮影します。

撮影時レンズの地面からの高さは約150cmに設定しますので160cm程度の背の高さの方の視点で見たような映像になります。

1ポイントにて90度ずつ4方向を1方向に付き露出補正を「暗い」「普通」「明るい」の3枚ずつ撮影しますので、1ポイントに付き12枚の写真を撮影します。
この露出補正によって室内の暗さと窓の外の明るさをある程度補正が出来ますが、外が極端に明るい場合などは通常の露出補正でカバー仕切れない場合がありますので曇り空程度の方は仕上がりが良いケースが多い様に思われます。

 

記録画質は一眼レフカメラでL(ラージ/ファイン)にて撮影した画像を元画像として使用致します。

三脚を設置したポイント地点の足下は直径約50cm程度が撮影の死角になります。
死角部分はGoogleにパノラマ写真をアップする際に死角周辺部分の色にあわせて自動的に塗りつぶされます。

撮影ポイントについてはGoogleの推奨としては
・店舗の入口、手前3m
・店舗の入口、手前1m
・店舗の入口、奥1m
及び室内の主要なポイントを撮影致します。
但し、室内の撮影ポイントは間に遮る物が無い状況で直線で結んでポイントとポイントの間が3m以上空かないように撮影致します。

 

Googleストリートビュー(インドアビュー)の撮影方法について詳しく知りたい方は、撮影パートナー向け研修を開催しておりますのでお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

この記事の内容は如何だったでしょうか?

-ストリートビュー

© 2020 GoogleマイビジネスMEO対策サポート|おもてなし.com