ストリートビュー

RICOH THETA S

本日RICOH THETA Sが発売開始されました。

RICOH THETA Sは従来のRICOH THETAに比べて高画質(出力画素14M相当)でFull HD動画撮影にも対応する優れものです。

このRICOH THETA SとGoogleから提供されているスマートフォン用アプリ「Googleストリートビュー」を使うとRICOH THETA Sで撮影した360°パノラマ写真を簡単にGoogleマップに掲載する事が出来る様になりました。

今まではGoogleの認定パートナーのみがGoogleマップに掲載する室内用360°パノラマ写真の写真を撮影して掲載をしていましたが、今後はRICOH THETA Sを使ってユーザーが簡単にGoogleマップに360°パノラマ写真を掲載出来る様になりました。

ただし、Googleの認定パートナーが撮影して掲載するパノラマと一般ユーザーが掲載するパノラマには幾つかの違いがありますので代表的な違いをご紹介させて頂きます。

 認定パートナー一般
THETA S利用
撮影解像度32メガピクセル
(8,000ピクセル×4,000ピクセル以上)
14メガピクセル相当
(5,376×2,688)
撮影ポイント撮影ポイントを連結して掲載1ポイント単体で掲載
表示名施設名と撮影認定パートナー名撮影者個人名

画質の綺麗さやポイントが連携していない等の差はありますが個人が簡単に掲載する仕組みが普及することで今後Googleマップ上に360°パノラマ写真が急増するのは間違い無いでしょう。

この記事の内容は如何だったでしょうか?

-ストリートビュー

© 2020 GoogleマイビジネスMEO対策サポート|おもてなし.com