マイビジネス

Googleマイビジネスに変な道路写真が表示(対処方法)

自分のお店のマイビジネスを見てみたら変な写真がメイン写真になってしまっていた!

そんなこと無いでしょうと思うかも知れませんが、実はよくあることなんです。

このようなケースの対処方法をご紹介いたします。

こんな方におすすめ

  • マイビジネスのメイン写真が道路写真になっている
  • マイビジネスのメイン写真が以前有った店舗の写真になっている
  • マイビジネスのメイン写真が違う場所の道路写真になっている

マイビジネスのメイン写真に道路写真が表示されるのは何故

自分のお店のGoogleマイビジネスを開いて見たらメインの写真が変な道路の写真になっていて「どうして?」と思い戸惑うことがあります。

何故、そんな写真が表示されているか?

マイビジネスに変な写真が勝手に表示されている、その理由はマイビジネスに掲載する写真が他に無いからです!

Googleマイビジネスは、店のイメージをユーザーに伝えやすいように一枚の写真が表示されているようです。

わかりやすいようにメインの写真という表現をしましたが、マイビジネスの機能としては「カバー」写真と呼びます。

ではそのカバー写真はどのように表示されるのか、その仕組みは下記のような優先順位で判断され表示されます。

  1. マイビジネス管理画面で「カバー」として設定した写真が表示されます。【第1優先】
  2. カバー写真を設定していない場合は表示履歴数の多い写真が表示されます。【第2優先】
  3. 写真が1枚も無く店が道路に隣接している場合は、マイビジネスのピン位置に最も近い道路のストリートビューが表示されます。【第3優先】
  4. 写真が1枚も無く、マイビジネスが道路に隣接していない場合は、写真は表示されずGoogleの用意した背景画像が表示されます。

ココがポイント

Googleマイビジネスに変な写真が勝手に表示されている理由は、Googleマイビジネスに1枚も写真を登録していないためユーザーに、少しでもそのお店の情報を伝えようと、隣接する道路のストリートビュー写真を表示させる仕組みになっているからです。

マイビジネスの道路写真を変更する方法

マイビジネスのメイン写真に道路のストリートビューが表示されている理由はご理解頂けたと思います。

では対処方法をご紹介しましょう。

写真を追加する

対処方法はマイビジネスに写真を追加することで解決出来ます。

マイビジネスに写真を追加する場合には2つの方法があります。

  1. 一般ユーザーとしてマイビジネスに写真を追加する
  2. マイビジネスのオーナーとして写真を追加する。

ココがポイント

マイビジネスのメイン写真を変更するのにオススメするのはマイビジネスのオーナーとして写真を追加する方法です。

さらに詳しく

マイビジネスのメインとして表示する写真は、マイビジネスを見に来たユーザーにお店の情報を写真のイメージでわかりやすく伝える事が目的です。

そのためオーナー確認されていないマイビジネスの場合、ユーザー投稿写真が複数枚ある場合、そのマイビジネスを訪れたユーザーの画面に「どちらの写真がこのビジネスにあった写真ですか?」のようなアンケートが表示されそのアンケートで複数集めた意見を元に表示される仕組みのようです。

このようにオーナー確認していなくて一切オーナーがマイビジネスを利用していない店でも、人気店ではユーザー投稿写真が増え、アンケートで選ばれたり、検索ユーザーの写真表示数などをもとに、最適な写真がメインの写真として表示される仕組みです。

人気店の場合はほっておいてもよい写真が表示される場合もありますが、一般のお店では写真枚数も少なく、ユーザーが投稿した店のイメージにそぐわない写真がメイン写真として表示されるようなことも多くあります。

これでは結果的に変な道路が表示されていたときと変わらず店のマイナスイメージに繋がってしまいます。

マイビジネス管理画面からオーナー権限で写真追加しカバー設定

一般的にGoogleは、ユーザー投稿よりオーナー権限での投稿を信頼する傾向にありますので、オーナー権限で投稿した写真が優先されるようです。

ココがポイント

もっとも良い対策方法は、オーナー権限でマイビジネスの管理画面から写真を投稿し、カバーとして登録する事です。

外観を見るに表示される写真を変更したい

カバー写真を登録し、メインで表示される写真が意図した写真に変わりご安心頂いた方から、「ところでマイビジネスのナレッジパネルに表示される「外観を見る」に表示される写真がまだ前の変な写真のままで、なんとかなりませんか?」とお問合せをいただく事があります。

外観写真が変な写真になっている事例

「外観を見る」に表示される写真は、隣接した道路のマイビジネスのピン位置に、もっとも近い道路のストリートビューのサムネール写真が表示されます。

ピン位置を修正する

この例では店が2つの道路に面していて何処が入り口なのかを正確に認識されていないようでしたのでピン位置を入り口付近に移動させることで改善出来ます。

道路のストリートビューがきれいに店の外観を撮影出来てる場合はピン位置の調整だけできれいな外観写真が表示できます。

もし隣の店が表示されているなどの場合はマイビジネスのピン位置を店の正面玄関付近に設置し直すときれいに店の正面が表示されるでしょう。

ストリートビュー写真を撮影し掲載する

道路のストリートビューが「シャッターが閉まってる状態」や「前に車が止まってる」などお店のイメージにそぐわない場合は、気長に道路のストリートビューが再撮影されるのを、いつかいつかと思いながら待つことで変更されるかも知れませんがもっとよい方法もあります。

以前はナレッジパネルに「中を見る」という室内版ストリートビューへのリンクがありました。

しかし現在は「外観を見る」に統一されてしまいナレッジパネルから室内用に撮影したストリートビューへのリンクは無くなっています。

道路のストリートビュー撮影場所の撮影位置が丁度店の前で無ければ店の外観はきれいに表示されませんし、前面道路の反対車線側から撮影されるなど店の外観がきれいに写っているケースの方が少ないかも知れません。

そう言った場合、ユーザーはマイビジネスをクリックして「写真を表示」をクリックして写真をみたユーザーは「360°ビュー」へのリンクが表示されますのでそこから360°写真を確認することができます。

ユーザーにお店に訪れる前に店のイメージを知って頂き興味を持ってもらえるようにきれいなストリートビュー写真を掲載することをオススメします。

この記事の内容は如何だったでしょうか?

-マイビジネス

© 2020 GoogleマイビジネスMEO対策サポート