Googleマイビジネスに変な道路写真が表示される(対処方法)

自分のお店のマイビジネスでは、道路の写真がメイン写真になっている…。
「自分は何もしていないのにどうして?」と驚かれたり、もしかすると「営業妨害か!」と怒りを覚える方もおられると思いますが、実はGoogleマップではこのようなマイビジネスが数多く存在しています。
このページでは、このようなマイビジネスが存在する理由と、集客に結び付ける写真に変更する対処方法をご紹介いたします。

こんな方におすすめ

  • マイビジネスのメイン写真が道路写真になっている
  • マイビジネスのメイン写真が以前有った店舗の写真になっている
  • マイビジネスのメイン写真が違う場所の道路写真になっている

マイビジネスのメイン写真に道路写真が表示される理由

他に写真が無いからです

カバー写真に道路のストリートビュー写真が使われている例

このような写真ではお客様の関心を惹くこともないですし、むしろお店が本当にあるのかさえ疑われてしまいます。
なぜ自分の店のマイビジネスに、自分に何のことわりもなくこんな写真が勝手に表示されているのでしょうか?
それはあなたのお店のマイビジネスに、あなたのお店を紹介する写真が登録されていないからです。

カバー写真表示の優先順位

Googleマイビジネスでは、店のイメージが検索者へ一目で伝わるように、マイビジネスの最も目立つ場所に一枚の写真を大きく表示します。
このページではここまでこの写真を「メインの写真」と書いてきましたが、マイビジネスの機能としては「カバー写真」と呼びます。
カバー写真の表示については以下の基準で優先順位を判断しています。

  • マイビジネス管理画面で「カバー」として設定した写真が表示されます。【第1優先】
  • カバー写真を設定していない場合は、表示履歴数の多い写真をGoogleが選択して表示します。【第2優先】
  • マイビジネスに1枚も写真は無いが、店に隣接する道路をストリートビューが撮影している場合は、マイビジネスのピン位置に最も近い道路のストリートビュー画像をGoogleが表示します。【第3優先】
  • 写真が1枚も無く、マイビジネスが道路に隣接していない場合は、写真は表示されずGoogleが用意した下記の画像が表示されます。
ここがポイント

Googleマイビジネスに変な写真が勝手に表示されている理由は、Googleマイビジネスに1枚も写真を登録していないためユーザーに、少しでもそのお店の情報を伝えようと、隣接する道路のストリートビュー写真を表示させる仕組みになっているからです。

上の例は【第3優先】が適用されているため、Googleが道路の画像がカバー画像に設定しています。
これはマイビジネスの仕様のため、「勝手にするな!」と怒っても、またGoogleにクレームを入れても状況は変わりません。

カバー画像は重要です

カバー画像はマイビジネスの最上部、一番目立つ場所に大きな画像で表示されます。
そのため検索者はこの画像を第一印象として、以降の情報を見るかどうかの大きな判断材料となっています。
もし自分が検索者の立場としたら、お店の情報が全くない道路写真やGoogleの用意した画像のマイビジネスしかないお店のマイビジネスを選択に入れるでしょうか?
GoogleマップやGoogle検索からの集客を増やそうと考えるのであれば、カバー画像こそ最優先で改善すべきです。

マイビジネスのカバー画像を好みの画像に変更する方法

マイビジネスのカバー写真を好みの画像に変更するには、まず写真を登録することが必要です。
ただし「どの方法で写真を追加するか」によって違いがあります。

最善の方法は「マイビジネスのオーナー」として写真を登録すること

確実に自分好みの写真をカバー画像とするためには、「マイビジネスのオーナー」として写真を追加し、その写真をカバー画像として設定することです。
上の優先順位では【第1優先】になり、設定後は常にその画像がカバー画像として表示されます。
また他の画像へ自由に差し替えられますので、店舗外観だけでなく季節やイベントごとに変更したりや商品アピールにも活用できます。
ただしこの方法の場合、費用はかかりませんがマイビジネスのオーナー確認が完了していることが必要です。

最低でも一般ユーザーとして写真を登録しましょう

ここがポイント

もっとも良い対策方法は、オーナー権限でマイビジネスの管理画面から写真を投稿し、カバーとして登録する事です。

一般的にGoogleは、ユーザー投稿よりオーナー権限での投稿を信頼する傾向にありますので、オーナー権限で投稿した写真が優先されるようです。

さらに詳しく

マイビジネスのメインとして表示する写真は、マイビジネスを見に来たユーザーにお店の情報を写真のイメージでわかりやすく伝える事が目的です。

そのためオーナー確認されていないマイビジネスの場合、ユーザー投稿写真が複数枚ある場合、そのマイビジネスを訪れたユーザーの画面に「どちらの写真がこのビジネスにあった写真ですか?」のようなアンケートが表示されそのアンケート意見を元に表示される仕組みになっています。

このようにオーナー確認していなくて一切オーナーがマイビジネスを利用していない店でも、人気店ではユーザー投稿写真が増え、アンケートで選ばれたり、検索ユーザーの写真表示数などをもとに、最適な写真がメインの写真として表示される仕組みになっています。

人気店の場合はほっておいてもよい写真が表示される場合もありますが、一般のお店では写真枚数も少なく、ユーザーが投稿した店のイメージにそぐわない写真がメイン写真として表示されるようなことも多くあります。

これでは結果的に変な道路が表示されていたときと変わらず店のマイナスイメージに繋がってしまいますので対策が必要です。

マイビジネス掲載用写真をプロカメラマンが低価格で高品質な写真を撮影し、マイビジネスに掲載する
「Googleマイビジネス掲載写真撮影」を是非ご検討下さい!

🔗Googleマイビジネス掲載写真撮影

外観を見るに表示される写真を変更したい

カバー写真を登録し、メインで表示される写真が意図した写真に変わりご安心頂いた方から、「ところでマイビジネスのナレッジパネルに表示される「外観を見る」に表示される写真がまだ前の変な写真のままで、なんとかなりませんか?」とお問合せをいただく事があります。

外観写真が変な写真になっている事例

「外観を見る」に表示される写真は、隣接した道路のマイビジネスのピン位置に、もっとも近い道路のストリートビューのサムネール写真が表示されます。
それでは「外観を見る」に表示される写真を変更する方法を説明いたします。変更方法は大きく分けて2つあります。

ストリートビュー写真を撮影し掲載する方法

道路のストリートビューが「シャッターが閉まってる状態」や「前に車が止まってる」などお店のイメージにそぐわない場合は、気長に道路のストリートビューが再撮影されるのを、いつかいつかと思いながら待つことで変更されるかも知れませんがもっとよい方法もあります。
以前はナレッジパネルに「中を見る」という室内版ストリートビューへのリンクがありました。
しかし現在は「外観を見る」に統一されてしまいナレッジパネルから室内用に撮影したストリートビューへのリンクは無くなっています。
道路のストリートビュー撮影場所の撮影位置が丁度店の前で無ければ店の外観はきれいに表示されませんし、前面道路の反対車線側から撮影されるなど店の外観がきれいに写っているケースの方が少ないかも知れません。
そう言った場合、ユーザーはマイビジネスをクリックして「写真を表示」をクリックして写真をみたユーザーは「360°ビュー」へのリンクが表示されますのでそこから360°写真を確認することができます。
ユーザーにお店に訪れる前に店のイメージを知って頂き興味を持ってもらえるようにきれいなストリートビュー写真を掲載することをオススメします。

店舗外観と店舗内を360°写真でお客様に見てもらえる店内版ストリートビューの撮影掲載はこちらをご覧ください。
「料金価格|店内ストリートビュー(インドアビュー)撮影」を是非ご検討下さい!

🔗料金価格|店内ストリートビュー(インドアビュー)撮影

ピン位置を修正する方法

この例では店が2つの道路に面していて何処が入り口なのかを正確に認識されていないようでしたのでピン位置を入り口付近に移動させることで改善出来ます。

道路のストリートビューがきれいに店の外観を撮影出来てる場合はピン位置の調整だけできれいな外観写真が表示できます。
もし隣の店が表示されているなどの場合はマイビジネスのピン位置を店の正面玄関付近に設置し直すときれいに店の正面が表示されるでしょう。